麦酒中心生活者のビール記録

ビールはとりあえずではない!!

ザ・ケルト エクスペリエンス ゴールデンエール【UK / Ale 】

スポンサーリンク

http://instagram.com/p/puhurcikEw/

Instagram

 

THE CELT EXPERIENCE BEERS

某デパートの酒売り場を物色していると、この子が呼んでいたわけです。

クラフトビールの瓶の中に、ひときわ異彩を放つこのデザイン。

もちろん買ってしまい、帰宅。

ちょっと、調べてみると

古代ケルトから受け継いでいる醸造に対する誇りと近代的な醸造設備を融合しビール本来の味と香りを追求しました。

と、記載があります。

何のことか分かりませんが、

ケルトのイメージなんて、「血気盛んな、大男」ってイメージしか出てきません(不勉強)。

-THE CELT EXPERIENCE- CELT BEER JAPAN のHPにこのブリューワリーの説明があります。

【THE CELT EXPERIENCE BEERSの特徴】

1、創設者は、水工学のエンジニアから独立して、ブルワリーを設立。
科学的に裏付けされた知識と経験を最大限に活かし、独自製法を確立。

2、通常ポップから上質のアロマを抽出しようとすると、ビール独特の苦みも多く抽出してしまいます。
CELT BEERでは、アロマを抽出しながらも苦みを押さえた、プレミアム・ビールの製造に成功。

3、技術以外にも、徹底的に原材料にこだわった結果、オーガニック・ビールに認定。
「Soil Association(ソイル・アソシエーション)」は、 1946年にイギリスにて設立された有機農産物の検査・認証機関で、【英国土壌協会】とも呼ばれています。

世界的なオーガニック基準(GOTS:Global Organic Textile Standard)の策定でも中心的な役割を果たしており、SAによる認証を得ていることは、世界で通用する高い基準をクリアしていることを意味します。

 

なかなか立派な文言が並んでおりますね~

さて、今回はこのケルト・エクスペリエンス醸造所のgolden ale のご紹介!

このビールはキャッチコピーとして「夏のエール」とうたってます。

 

ザ・ケルト エクスペリエンス ゴールデンエール 実飲!

500ml瓶なので少し大きめ。

ラベルのデザインの小洒落ていて、かつ重厚感がある。

テンションあがりますね~

お味ですが、

柑橘系のアロマがさわやかで、ほどよく鼻腔を刺激します。

お味も最初は多少甘みと酸味を感じますが、良いタイミングで苦みがきます。

この苦みがアメリカンなエールにはないトゲトゲしてない苦みです。

見事ですね~

しかも、エールにしてはイキがいい炭酸感。カーボネーションが高い!

だからこそエールだけれどもゴクゴクいける。

良くできてんな~

あっ、アルコール度数は4.2%なんですね。

それは凄い。

日本人のビールの趣向を分かって作ってンじゃないかと感じるぐらい

のどごしがいいですね。

確かに暑い日に欲しくなるさわやかさがありますね。

エール初心者にも大オススメです!

 

銘柄名

ザ・ケルト エクスペリエンス ゴールデンエール  

area UK
TYPE Ale
RateBeer  
IBU

 

ALC (%) 4.2

 

PR